我が家のおせち料理

お正月のご馳走で思い出すのは、なんといってもおせちです。

我が家ではデパート等の高級おせちを購入したことはなく、
いつも手作りと、既製品を組み合わせて用意していました。

ご家庭によっては自作するのでしょうが、私の家では黒豆や、
栗きんとん等の作るのが難しい料理は、スーパーで購入していました。
あとは紅白の蒲鉾や、伊達巻なども。

それ以外の野菜の煮しめや、紅白なます等は母や私達で自作するのが定番です。

あまり無理せず、買える物は買う、というのが大切なポイントなのだと思います。

それらをお重に詰めると、当家流のおせちが完成。

邪道かもしれませんが、ハンバーグ等の皆の好物も入っており、
毎年家族全員が楽しみにしています。

蟹や鍋、お雑煮などについて

お正月に欠かせない料理は、おせちの他に鍋があります。
我が家の場合は、ですが。

毎年皆で炬燵に入り、寄せ鍋を味わうのが楽しみ。
具は野菜に豆腐、キノコに魚介。
それに豚肉など。

熱々の鍋料理をつつくと身体が暖まり、なんとも良いものです。

そして、お正月に食べる物は、蟹。

年末に冷凍蟹を購入し、年明けに茹でて食べます。
味付けは、ポン酢が定番。

皆で蟹を食べていると、集中するあまり無口になるのも定番です。

蟹でお正月を迎えてみませんか?⇒ かに本舗 楽天

最後に、欠かせないお正月料理といえば、お雑煮。

関東なので、四角い切り餅と青菜、鶏肉が入ったシンプルなお雑煮。

味付けは、お出汁と醤油のみ。

焦げ目のついたお餅が香ばしく、美味しく。
これまた毎年の楽しみです。

以上が、我が家の定番のお正月料理です。

「日本海産は贅沢品」、「日本海産はコクがある」という考えは否めませんが、
北米カナダの沿岸海域、綺麗な海のオホーツク海、台風のように荒れている事で有名な
ベーリング海も、ズワイガニにしてみては「生きやすいところ」となっているのだ。

花咲ガニというのは、漁期の期間が短く(初夏の5月から夏の終わり頃)、
言い換えれば旬の季節のみ味わえる特殊な蟹のため、今まで食べたことないという人、
結構いるように感じます。

私は蟹が大・大・大好きで、また今年もネットのカニ通販を利用し毛ガニだけでなく
ズワイガニも購入しています。
まさに今が旬の時期ですから、予約をしておくほうが絶対いいし
お買い得に手に入れることができます。

味がしっかりしたタラバガニの分別法は、殻が強力な種類や重くて厚みを感じる事が
出来るタイプが、ふんだんに身が入っていると言われています。
見に行くことがある場合には、調べるとよいと思います。

大きくて身が詰まっている魅力的なワタリガニのおすは、テーストが抜群です。
硬い甲羅に、熱燗のお酒をついで口に含んでみると、
カニ味噌と良いコンビネーションとなって、味の濃い美味さを楽しめる事でしょう。

お正月の楽しい風情に贅沢な鍋料理を用意するつもりならば、
毛ガニを足してみたらうまく行くと思いますよ。
よく食べている鍋も美味な毛ガニがあるだけで、突然にボリュームのある鍋に
変化するはずです。

貴重なうまい花咲ガニを賞味するなら、根室、花咲半島のもの、これが最高です。
ぼんやりしてたら完売御免なので、まだ残っているうちに段取りを組んでおく
べきです。

ネットの通販サイトでも人気を分けているタラバガニとズワイガニ。
どちらか片方だけなんて選べない。
こういった悩んでしまう方には、二種類セットのいいものがいいようです。

よく4~5月頃より7月前後迄のズワイガニは特別に優良だと語られていて、
素晴らしいズワイガニを食べたいと思う場合には、その季節にお願いすることを
推薦します。

ロシアからの輸入量が、驚く事に85%を有していることが分かっています。
自分たちが昨今の買値で、タラバガニを頂く事が出来るのも
ロシアで大量収穫できるタラバガニの賜物だと断言できます。

卵を包み込んでいる雌のワタリガニの方が、ただの雄よりも一級品です。
胸の身の箇所や鮮度の良いミソの部分には、雄と雌に特に違いは感じられませんが、
卵は最高でコクのある味です。

昆布が主食の花咲ガニは、いいだしが出るので、あたたかい鍋にもピッタリです。
捕獲量は非常に少ないので、北海道ではないよその市場に目を向けても
まず取り扱いがないのです。

浜茹でが実施された蟹というのは、身が損なわれることも認められないし、
海産物特有の塩分とカニの風味が上手に協調されて、簡素でも親しまれている
毛ガニの味をゆっくりと楽しむ事が可能です。

解体されていない貴重な花咲ガニが自宅に送られたという時に、
さばこうとしたとき指などを切ることがときどきあるので、
軍手・料理用の厚手の手袋などをつかえば怪我の予防になります。

水揚の現地まで赴いて食べるならば、電車賃なども考えなくてはいけません。
活きのいいズワイガニをみなさんの自宅でゆっくり味わいたいというのなら、
便利に通販でズワイガニを買うほかありません。

関連記事