光過敏症で起こる症状とは?

光に過敏になって起こる皮膚の症状には様々なものがありますが、その代表的なものが「じんましん」です。

普通の人なら何でもない日光の光や照明の光に皮膚が過剰に反応して、赤みを伴うじんましんができてしまうのです。

原因についてははっきり分かっていませんが、症状が出やすいのは幼少期から思春期にかけてと言われています。

大人の場合、元々の体質によるものと、塗り薬や飲み薬の副作用によって症状が出てしまうものとに分けられます。

そのためサロンではカウンセリング時に症状の有無だけでなく、服薬の有無についても確認しています。

シースリーで光過敏症の人のムダ毛処理について

シースリーでは光過敏症の人の脱毛を受け付けていません。

光過敏症の症状が重い場合、施術をすることによって痒みや痛みといった症状が出てくることがあるからです。

光過敏症だけでなく、他の持病がある場合でもシースリーでの施術は難しいでしょう。

サロンでは施術中に万が一のことがあっても適切に対応できませんので、最初から施術を断るケースが多いようです。

光過敏症の人や持病を持っている人の場合、脱毛をするには美容外科で脱毛をする必要があります。

光に強く反応してしまう場合、ニードルを選択することになります。

関連記事


    光過敏症だと銀座カラーで脱毛できないことも 光過敏症とは、普通の人なら何でもないひかりによって火傷のような症状を起こしたり、肌トラブルが生じてしまう疾患です。 ちょっと外に出ただけで驚くほど日焼けした…


    妊娠前に契約してしまった、京都の脱毛エステ。 数回、脱毛施術を受けてましたが、妊娠が発覚。 脱毛エステの粋な計らいによって、コースを一時お休みしていました。 そして産後ある時間が経ち落ち着いた頃、新…


    昨日ねテレビのドラマ見てたら、篠原涼子が出てたんだけど やっぱりいつ見ても綺麗だよね・・・ 今回の役ってほとんどすっぴんで出てるから、スゴイよね。 すっぴんでもめっちゃ肌が綺麗!! ツヤツヤのツルツ…


    「母子で脱毛する」、「仲の良い友達と脱毛サロンに施術しにいく」 という女性も多く見かけるようになりました。 単独ではやめてしまうことも、 一緒に行く人がいればずっと続けることができるからでしょう。 サ…


    脱毛処理を茨城の脱毛サロンなどで行なってもらう場合には、 かなり様々なデメリットが生じてくると思うのですが、 私が考える脱毛サロンでのデメリットとしましては、 初めて脱毛サロンに行くというような場合…