最近では、一般家庭でも太陽光発電を設置する方が増えています。
太陽光発電に対する意識が、世界的に高いものとなってきているのです。
太陽光発電も、難しいことが多いかと思います。
そんな中で、エネファームをご存知ですか?
今回は、エネファームについて見ていきたいと思います。
こちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 エネファーム
まず、エネファームとは都市ガスを利用することにより、発電と給湯を行うことができる設備のことです。
エネファームは、燃料電池ユニットと呼ばれるものとガスを利用し、発電します。発電により出来た熱エネルギーを貯湯ユニットへ送り、お湯を温めてくれます。
そして、エネファームのメリットです。
メリットとしては、エネルギー効率が高いということです。
発電所などで作られたエネルギー効率は40%と、言われています。ですが、エネファームの場合は、エネルギー効率が90%と非常に効率が良いものとなっています。
エネルギーのロスが少なく、省エネにも繋がります。co2削減に貢献できるというメリットも、エネファームは持っています。
次に、エネファームのデメリットです。
デメリットは、まだエネファーム自体の機器費用が高価であることです。
導入費用を含めると、250万円近くかかってしまいます。
また、エネファームには都市ガスの供給が止まると、使用出来なくなるというデメリットもあります。
このように、エネファームにもメリット・デメリットがあります。

関連記事


    太陽光発電とは、一体どのようなものでどのようなシステムなのかを、詳しく知っている方はあまりいないと思います。 太陽光発電を、行うかを迷っている方ガキになるのは、やはり太陽光発電を行うことにより何が良く…