季節の変わり目になると肌の調子が悪くなる、特に春先の肌荒れがひどい…という方いらっしゃいませんか?
もしかしたらそれは、花粉が原因の「花粉症皮膚炎」かもしれせん。
花粉症になると鼻水や目のかゆみが起こりますよね。
あれは、身体が花粉に対してアレルギー反応を起こし、ヒスタミンという物質を放出することが原因です。
実はこのヒスタミン、肌でも放出され、肌荒れや発赤、かゆみなどを起こすのです。
花粉症皮膚炎になってしまうと、花粉症のおさまる頃まで、長期にわたって皮膚炎に悩まされることになります。
では、どのように対処すればよいのでしょうか?
基本は、肌に必要以上の負担をかけず、体調を整えて悪化を防ぐ、という感じになります。
まず、洗顔はしっかり洗顔料を泡立てて優しく洗います。
拭くときも、決してゴシゴシこすらないように気をつけましょう。
保湿は、低刺激性のものを選びます。
私の場合、一番酷い時期はオロナインを薄く塗ったあとにキュレルの乳液、少し収まってきてからはキュレルをライン使いしていました。
キュレルに限らず、敏感肌用に作られれた、自分に合う保湿液をみつけることが大切です。
最後に体質改善です。
ヨーグルトや発酵食品を積極的に摂って腸内環境を整えると、免疫力が上がってアレルギーをおこしにくくなります。
キムチなど刺激の強いものは避けましょう。
梅雨に入る頃には大概おさまってくるはずです。
辛いのは一時期ですから、いろいろ工夫して乗り切りましょう。
ただし、あまりにもかゆみなどが酷い場合は、かきむしらず早めに皮膚科やアレルギー科を受診しましょう。
肌のトラブルについて詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒肌トラブル 原因

関連記事