よく女優さんやモデルさんで、美肌の秘密を聞かれて「本当になんにもしていなんですー」っていう人がいますよね。
私は昔そういうインタビューなどを見るたびに「嘘をつくな!めちゃめちゃエステに行ったり高い美容液を使っているに違いない!」なんて一人で憤っていたものですが(笑)、
最近になって、あながち「何もしていないけど綺麗」というのは嘘ではないのかもしれない、と思うようになりました。
というか、手をかけて色々なものを付ければ良いというわけではない、という感じですね。
スキンケアの基本というのはあくまでシンプルなもので、万一何らかの肌トラブルや不調が起こった時のみ美容液などのスペシャルケアを足す…というようなケアのほうが良いのかもしれない、と。
とはいえ色々なスキンケアコスメが溢れている昨今、シンプルなケアにするというのは意外に難しいものかもしれませんね。
メーカーによってはライン使いすると、ブースターを付けて化粧水・乳液・美容液・クリーム…などと何種類も使うことになってしまうものもあります。
でも、こうやって色々と使いすぎることで逆にお肌が自分で生まれ変わろうとする力を弱めてしまうような気がするのです。
シンプルなスキンケアで美肌の人というのは、自らのお肌を回復させようとする力が逆に鍛えられているのかもしれませんね。
スキンケアについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。⇒スキンケア ニキビ

関連記事