鯛ラバによる釣りは、複雑な動作を必要としません。
なぜなら、鯛ラバは、ヒラヒラしているネクタイを鯛に食わせる釣法なので、鯛ラバを落として一定の速度で巻き上げるという簡単な動作でできるからです。
しかし、マダイを釣るとなるとリールを巻き上げる速度が重要になります。
まず、鯛ラバを落として着底したら、放置してはいけません。
放置したままだとマダイに見切られるためです。
なので、着底したらすぐにリールを巻き上げるのですが、マダイを鯛ラバに興味を持たせるために一定の速度で行います。
この時、リールを巻き上げる速度は大方1秒に1回転で巻き上げます。
リールを早く巻きすぎると、マダイが鯛ラバに食いつく前に何も釣れないことが多いのですが、活きのいいマダイなら食いついてきます。
しかし、巻くのが遅すぎると、マダイが食いついてくれる前に見切ってきます。
リールを巻き続けて反応があっても、そのまま同じ速度でリールを巻き続けます。
ここで竿が持っていかれるように曲がれば、マダイが鯛ラバの針を咥えている状態なので、一気にリールを巻き上げます。
鯛ラバは、初心者でも釣り方が簡単なので、仕掛け作りに慣れていなくても釣り方に慣れればマダイを釣り上げることができます。

鯛ラバについて詳しくは⇒鯛ラバ

関連記事

    None Found