高給取りだと知っていながら、自分がもらっている給料が仕事の内容や条件からみて十分であると満足しているわけではないケースがほとんど。おっしゃる通り、厳しい環境で忙しく働いている看護師がほとんどではないでしょうか。
確かに一般的な職業の女性がもらっている年収より上ですが、体、心ともにきつい仕事内容ですし、夜勤が不可欠であるというマイナス面もあるわけですから、単純に満足な給料だとは明言できないと思います。
宿泊を伴う夜勤や休日出勤の勤務がない「平日の昼間限定の勤務」という雇用条件の方は、手当ての額が給料に反映されないので、普通の仕事の給料と比べてこころもちお高いくらいだと思われます。
転職が成功した場合でも、一番初めから年収が700万円を超えてしまう職場はあるはずがないですね。ひとまず毎月の給料の額が高い待遇のいいところへ転職して、後はその新しい職場で長期間勤務することで、給料を上げていきましょう。
大学を4年間通ってから就職した看護師さんと、高校と専門学校を卒業した看護師さんを比較対象すると、年収の違いは9~10万円位、微妙に給料とボーナスに違いが出てくる位なのです。

徹夜の勤務がつきものなので、生活リズムが不規則、これとは別に身体的、心理的にも厳しい職業。勤務先からの給料が安すぎると感じている看護師さんが多いというのも理解できるというものです。
手当として支払われた金額が入っていない基本給だけだと、他の仕事の給料よりも、ちょっと高いだけですが、看護師が受け取る給料が高いのは、夜勤などの手当類があるからなのです。
病院や診療所の他にも、町の中で奮闘している看護師もおります。看護師自ら医師に指示された患者の家まで出向いて必要なケアを行うのが、最近話題の「訪問看護」。
看護師へ転職するなら知っておきたい訪問看護とは? ⇒ 医療センター 看護師 給料
パーフェクトな転職というゴールに向けて、ぜひぜひこのサイトで公開している看護師限定の転職支援サイトを上手に使っていただいて、あなたの望んだ病院や施設への転職を叶えていただきたいと思います。
看護師向けの「転職サイト」には、バラエティーに富んだタイプがあり、活用する転職サイトがどのようなものかによって、用意されているサービスメニューや転職までの手続きも、全然異なるはずです。

病院やクリニックの外部には見えない実状について、あらかじめ知りたい場合は、看護師専門の転職サポート企業に依頼して、実績があるコンサルタントから直々に教えてもらうのがオススメです。
看護師専用の求人サイトをどこにするか迷ったら、何を差し置いても運営会社の名前をきちんと確かめるのが大事です。有名な大手企業でしたら、求人情報の数もバリエーションも多く、プライバシー情報に関する取扱いも心配ありません。
お医者さんの治療や診察の助手。その他にも病院利用者の心理面でのサポートをしたり、医療スタッフと患者との意思の疎通を図るのも看護師の重要な仕事なのです。
職場の中の人間関係が複雑で転職に踏み切ったのに、次の勤め先の方が今までよりも人間関係が面倒だったなんて話もよく聞きます。決定してしまう前に、詳しく情報を集めてチェックすることが欠かせないのです。
就労している人全体の平均年収と看護師の平均年収の変動をグラフで表示したモノを見ると、全ての労働者の平均年収は年を追うごとに下がっているのと対照的に、看護師の人達の平均年収は、ほとんど変化していません。

関連記事